グルテンフリーでイライラが解消?


グルテンフリーでイライラが解消?

イライラすることと小麦製品という食べ物は何か関係があるの?と、意外に思う人も多いかもしれませんが、血糖値の問題はやっぱりここでも避けられません。

 

食事をすると血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンが分泌されます。
正常な状態では、インスリンによってだんだんと血糖値が下がるのですが、糖質を摂取しすぎて一気に血糖値が上がると、インスリンが通常より大量に分泌されて、今度は一気に下降します。
急激に血糖値が下がって、今度は低血糖状態に陥ります。

 

この低血糖状態は、体にとって危機的状態!
危機を脱するために血糖値を上げようと、体はさまざまなホルモンを分泌します。

 

血糖値を下げるインスリンに対し、血糖値を上げるホルモンは、アドレナリンやコルチゾールなどがあります。
アドレナリンは全身を興奮させるホルモンで、コルチゾールはストレスがかかると分泌されるホルモン
これらのホルモンの分泌によって、精神的に不安定になるのです。

 

砂糖も血糖値を急激に上げるのですが、小麦製品も負けてはいません。
パスタ、ラーメン、パンなど毎食小麦製品を食べていると、そのたびに血糖値が急激に乱高下!
イライラがおさまるヒマがないのです。

甘いものでイライラは解消しない

ストレスや疲れを感じたり、イライラすると甘いものが無性に食べたくなりませんか?
私も疲れたなぁというときは、甘いものを食べると満足して精神的に落ち着く気がしています。
でも、甘いものがもたらす幸せな気持ちはほんの一瞬だそう・・・。

 

人間の体は、ストレスを受けると交感神経が緊張して、アドレナリンやコルチゾールといったホルモンを分泌してストレスに対抗しようとします。
これらの活動にはブトウ糖が必要なので、体は糖質を欲します。
ここに「甘いものを食べると落ち着く」という思い込みが加わって、ついつい甘いものを食べてしまうのです。

 

しかし、体内で必要なブドウ糖は肝臓から適量を取り出すことが可能なのに、安易に甘いものを食べると、また血糖値が急激に上がったり下がったりして、不安や怒りを生み出すホルモンが分泌されます。

 

小麦製品も甘いものと同じ作用があって、小麦グルテンの中のグリアジンというたんぱく質成分には中毒性もあるので、パンやケーキ、甘いものを食べて満足な気分になる人は注意が必要です。