グルテンフリー生活ブログ


むくみの原因は小麦なの?

油脂や砂糖以外にも、小麦製品と相性が良いのが、塩。
ラーメン、パスタ、サンドイッチ、お惣菜パン、ハンバーガーなど、思っている以上に塩分が多く含まれています。

 

塩分は体内に水分を抱え込む性質があるので、過剰に摂取すると、体内の水分代謝に影響して、むくみやすくなってしまいます。
また、1gの糖質は、3gの水を抱え込むと言われているので、日頃からむくみが気になっている人は、グルテンフリーを実践してみる価値あり

 

パンと麺類をやめるだけでも、塩分と糖質をかなりカットできます。
あとは水分をしっかり摂って利尿を促せばOK!

 

むくみが解消されれば顔も脚もすっきりして、体重に変化がなくても、「あれ?痩せた?」って聞かれるはずです!!

小麦製品には油脂がたっぷり含まれている

シンプルな食パンであっても、生地にはショートニングやバターなどの油脂が配合されています。
ふわふわ、しっとりしたリッチタイプのパンであれば、生クリームや砂糖がたっぷり。

 

これに、バターをつけたり、マヨネーズを塗ってサンドイッチにしたりすれば、さらに油脂の量が増えます。
クロワッサンやデニッシュは約25%以上がバター。

 

パスタは、生地自体に油脂が含まれ、ソースの中にもオイルがたっぷり。
ベーコン、バター、チーズ、生クリーム、オリーブオイルなど、パスタソースのベースは油脂が中心です。
ラーメンやお好み焼きも同じで、小麦を主食とした献立はどうしても油脂分が増えがち。

 

何が一番怖いかと言うと・・・私たちは無意識のうちに油を大量に摂取してしまっていることなのです。
何をしても痩せない!原因が小麦食にあったなんて!!
普段から小麦中心の食事をしている人であれば、グルテンフリーにするだけで油脂の摂取量を大幅に減らすことができるので、ダイエット効果は絶大です。


関連ページ

小麦食で太る最大の原因は、血糖値を急上昇させること
小麦食で太る最大の原因は、血糖値を急上昇させることです。 粉状の小麦を加工して作られるパンや麺類は、サッと食べられるから子どもや夫が休日の日に大活躍してくれる料理ではありませんか? でも、またパン?またラーメン?など、男性は嫌がる人も多いのではないでしょうか? そう、お腹にどっしりたまらないからすぐにお腹が減ってしまうからなんですよね。 これは、製粉の過程で消化しやすくなるから、なのです。 消化しやすいということは、体内に吸収されやすいので、血糖値が急上昇してしまうのです。
食後に甘いものを食べたいのは、小麦中毒!?
女性は特に、食後に甘いものを食べたくなりますが、それはなぜなのでしょうか?小麦食を食べると血糖値が急激に上がります。 血糖値が急激に上がる食事は、その後、甘いものが食べたくなってしまうのです。 急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急降下しますが、血糖値が下がりすぎた状態もまた身体にとっては異常事態。「糖が不足している」と捉えて、今度は血糖値を上げようと、強烈に糖質を欲してしまうのです。