糖化age


糖化はAGEsという老化促進物質を生み出す

糖化は、AGEs(エイジス)という「終末糖化産物」を生み出します。
このAGEsは、強い毒性を持った老化促進物で、老化を進める原因物質といわれています。

 

赤ちゃんや子どもの肌がツルツルでモチモチなのは、まだ糖化が起こっていなくて、AGEsもたまっていないから。
糖化によってたんぱく質が変性して、AGEsがたまっていくと、皮膚のたるみ、しわ、くすみ、シミなどと、体はどんどん老化していきます。
「老化促進物」と言われるくらいなので、高価な化粧品やエステに行ったところで、この脅威からは逃れられません。

 

AGEsの害は見た目だけではなく、AGEsが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞に、骨に蓄積すると骨粗しょう症に、目に蓄積すると白内障に、と、深刻な病気にもつながる恐ろしい物質なのです。
また、AGEsは、認知症の一因になるとも言われています。

 

糖化は、誰の体にも起こりえることで、人間はブドウ糖をエネルギーにして生きていて、血糖値が上がらなければ生命を維持することができないので、誰の体にもAGEsは存在しています。
問題は、糖化の進行具合とAGEsの量。

 

体内のたんぱく質が糖化しても、初期の段階で糖の濃度が下がれば、もとの正常なたんぱく質に戻ることができます。
でも、高濃度の糖に長い時間さらされるとAGEsはどんどんたまり、二度と正常なたんぱく質に戻らなくなってしまうのです。

 

つまり、食事で血糖値が適度に上がり、適度に下がる分には問題ありませんが、小麦食で高血糖状態が持続すると、糖化が加速してしまうのです。
糖化をできるだけ防いでいつまでも若々しくいるためにも、グルテンフリー生活がオススメというわけです。

小麦製品はAGEsがたっぷり

老化促進物のAGEsは、体内で作られるだけではなく、外からも取り込まれます。
「たんぱく質+糖+熱」があればAGEsができるので、食品にもAGEsが存在するのです。

 

特に小麦製品はAGEsがたっぷり小麦にはたんぱく質と糖質が含まれるので、熱を加えればそれだけで糖化が起こります
しかも、小麦粉は、香ばしく焼いたり、カリっと揚げたりする調理法が得意。ホットケーキも表面のこんがり部分にAGEsが発生しています。
他にも、パン、クッキー、ビスケット、ピザ、ドーナツ、ギョウザ、コロッケ、唐揚げなど、AGEsたっぷりの小麦製品は数え切れないほどあります。

 

食べ物に含まれるAGEsは、ほとんどが消化の段階で分解されますが、約7%は排泄されずに体内にたまっていきます
これも量と頻度の問題なので、避けられるものは避けた方がいいです。

 

また、AGEsは小麦製品以外にも含まれています。
加熱により変性がすすむので、食品のAGEs量は生の状態がもっとも低く、茹でる、焼く、揚げる、という順番で増えていきます。

 

焼き魚よりお刺身、野菜炒めよりサラダ、焼き肉よりしゃぶしゃぶ。
調理法を変えるだけで、口から入るAGEs量は減らすことができるし、こげた部分を避けるだけでも余分なAGEsを摂取せずにすみます。

酸化も老化を加速させてしまう

酸化とは、体内で発生した「活性酸素」が、細胞をサビさせてしまうことです。
これがシワやシミの一因になるため、活性酸素を作らないこと(抗酸化)がアンチエイジングには重要なポイント

 

活性酸素は、タバコや紫外線、ストレス、過度な運動、添加物の多い食事などさまざまな原因で発生します。
体にとって有害なものを解毒するときに大量に発生。

 

糖化によって発生するAGEsも体にとっては異物なので、活性酸素の原因になります。
糖化にはもれなく酸化もセットになって、老化を加速させるというワケです。

 

どちらも生きている以上避けられない現象ですが、その度合いによって老化の速度は変わってくるので、できるだけ糖化も酸化もしない体をつくっていきましょう。


関連ページ

ニキビや吹き出物ができる原因は小麦のせい?
小麦に含まれる糖質によって急上昇する血糖値。 その影響は太りやすくなるだけではなく、お肌の状態にも多大な影響を与えるのです。血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌されますが、インスリンは皮脂腺を刺激するので、皮脂が過剰に分泌されます。 これが、オイリー肌を招き、ニキビや吹き出物ができる原因になります。
遅延型フードアレルギーと小麦
遅延型フードアレルギーとは、食べ物を摂取して数日後にじわじわ不調となってあらわれる食物アレルギーのこと。遅延型フードアレルギーの症状は、にきびや肌荒れ、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルの他、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感、便秘、下痢とたくさんありますが、食べ物の摂取から時間が経っているので、原因が特定しにくく、フードアレルギーが原因とはなかなか気づかない場合が多いです。遅延型フードアレルギーの中でも、小麦のグルテンに重度のアレルギー反応を起こして、小腸がダメージを受けて栄養を吸収できなくなる病気を「グルテン不耐症(セリアック病)」といいます。
小麦の食べ過ぎはアンチエイジングを進行させる
年齢を重ねるとともに増えるシワやたるみ。 にくい老化現象には、「糖化」という現象が深く関わっています。 小麦の食べ過ぎは、アンチエイジングの大敵である「糖化」を、自ら積極的に進行させているようなものなのです。肌はコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質線維で構成されています。 このたんぱく質が糖化によって変性すると、弾力や柔軟性が失われて、カサカサになります。 肌を内側から支えていたものが、その力を失ってしまうので、肌にしわやたるみが出てくるのです。