グルテンフリー アンチエイジング


小麦の食べ過ぎはアンチエイジングを進行させる

年齢を重ねるとともに増えるシワやたるみ。
にくい老化現象には、「糖化」という現象が深く関わっています
小麦の食べ過ぎは、アンチエイジングの大敵である「糖化」を、自ら積極的に進行させているようなものなのです。

 

たんぱく質が糖と結びついて加熱によって変性する反応を「糖化」といいます。
ホットケーキがこんがりキツネ色になるのは、材料の卵や牛乳のたんぱく質が砂糖と結合して変性したからです。
クッキーもトーストも焼き鳥も、食材を焼いてこんがり、カリっとさせた食べ物は、ほとんどが「糖化した食品」と考えていいでしょう。

 

この糖化は私たちの体の中でも起こっています

 

食事から糖質を摂り過ぎて、血液中のブドウ糖が過剰になりあふれ出すと、人間のからだの細胞や組織を作っているたんぱく質(コラーゲン、エラスチンなど)が糖と結びつき、体温で温められ、糖化現象を引き起こします。
ホットケーキを焼き過ぎるとこげて真っ黒になってしまうように、細胞もこげて硬くなる・・・と考えるとゾっとしますよね。

 

肌はコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質線維で構成されています。
このたんぱく質が糖化によって変性すると、弾力や柔軟性が失われて、カサカサになります。
肌を内側から支えていたものが、その力を失ってしまうので、肌にしわやたるみが出てくるのです。


関連ページ

ニキビや吹き出物ができる原因は小麦のせい?
小麦に含まれる糖質によって急上昇する血糖値。 その影響は太りやすくなるだけではなく、お肌の状態にも多大な影響を与えるのです。血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌されますが、インスリンは皮脂腺を刺激するので、皮脂が過剰に分泌されます。 これが、オイリー肌を招き、ニキビや吹き出物ができる原因になります。
遅延型フードアレルギーと小麦
遅延型フードアレルギーとは、食べ物を摂取して数日後にじわじわ不調となってあらわれる食物アレルギーのこと。遅延型フードアレルギーの症状は、にきびや肌荒れ、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルの他、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感、便秘、下痢とたくさんありますが、食べ物の摂取から時間が経っているので、原因が特定しにくく、フードアレルギーが原因とはなかなか気づかない場合が多いです。遅延型フードアレルギーの中でも、小麦のグルテンに重度のアレルギー反応を起こして、小腸がダメージを受けて栄養を吸収できなくなる病気を「グルテン不耐症(セリアック病)」といいます。
糖化はAGEsという老化促進物質を生み出す
糖化は、AGEs(エイジス)という「終末糖化産物」を生み出します。 このAGEsは、強い毒性を持った老化促進物で、老化を進める原因物質といわれています。糖化によってたんぱく質が変性して、AGEsがたまっていくと、皮膚のたるみ、しわ、くすみ、シミなどと、体はどんどん老化していきます。